ルルルルズ コバヤシの業務日誌

東京のインディーバンド「ルルルルズ」のマネジャーとしての業務を行い、実はバンドメンバーとしてギターも演奏するコバヤシのブログである。

7月21日、モナレコードでライブ

とても久しぶりにルルルルズのライブをやります。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170605014900j:image

 

7月21日金曜日

下北沢モナレコード

開場18時30分 開演19時

チケット代は予約で2000円+1ドリンクです。

 

対バンは多方面でご活躍さてれいます、入江陽さんです。

とても濃密なライブになることは間違いありませんので、ぜひ遊びにいらしてください。

 

ご予約はこちらからお願いします。

mail@rourourourous.com

山田うどんは東京にもあるよ

埼玉のソウルフードといえば、、、

山田うどんですね。

 

埼玉県を中心に主に北関東で展開しているチェーン店ですが、実は東京にもいくつか店舗があります。

その多くは西東京に集中しており、東大和店は都内に近い店舗の一つです。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170524203639j:image

山田うどん東大和店は、西武拝島線東大和市駅から徒歩28分、西武多摩湖線武蔵大和駅から徒歩14分という好立地にあります。

 

新青梅街道沿いにあるので、車で行った方が楽です。駐車場も広いし。

 f:id:kobayashi_rourourourous:20170524204211j:image

 

山田うどんの人気の秘密は、ズバりコストパフォーマンスの良さです。

みんな大好きコスパです。

 

一番人気のかき揚げ丼セットは、うどんとかき揚げ丼が一人前づつ付いて、お値段600円。

ちょっと前までは580円だったんですけど、600円でも安いですよね。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170524204204j:image

 

山田うどんのうどんは好みが分かれますが、いわゆる東京の味です。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170524204400j:image

 

かき揚げ丼も、いわゆる東京の味です。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170524204420j:image

 

 23区内には唯一、大田区蒲田に1店舗だけ存在しますので、ぜひ。

 

八王子ハードオフ

学部時代に行っていた就活の履歴書に趣味はハードオフ巡りと書いたところ、某レコード会社の面接でハードオフ談義に花が咲いた記憶があります。

 

ミュージシャンの味方ハードオフ

その最大級の店舗が、八王子にあります。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522173730p:plain

国道20号(甲州街道)と国道16号(東京環状)が交差するところにそれはあります。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174019j:plain

ハードオフを筆頭に、ブックオフ、おもちゃやカードゲームを扱うホビーオフ、衣類品を扱うオフハウスやモードオフ、お酒を扱うリカーオフなどの6店舗がひしめき合うエコタウンがそこにはあります。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174202j:plain

車で行くことが前提らしく、駐車場はとても広いです。

立体駐車場もあります。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174319j:plain

一つの街みたいです。団地の中にこういったのありますよね。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174524j:plain

一見デパートなんじゃないかと思うような案内板。売り場が分かれてます。

ハードオフは2番館にあるようです。

 

店内の写真は撮ることを控えましたが、1階にはスロット台の筐体からソファーまで、様々な商品が売っていました。

一列レコードとCDを売っているコーナーがありましたが、1日中見ても見切れないほどのボリュームでした。

 

2階はハードオフ最大級の売り場面積を誇る楽器スタジオがあります。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174655j:plain

ここはぜひ一度行ってみて欲しいのですが、都内の楽器屋よりも楽器の量があるんじゃないかと思うほどの数です。

アリアやグレコ、フェルナンデスなどのジャパンビンテージから、ギブソンフェンダーのビンテージまで、品揃えはとても豊富でどれも一点物。

こないだ見に行っただけでも、グレコのSE800やトーカイのゴールドサウンドなど、お宝が沢山ありました。

 

そして、店舗をつなぐ一階の廊下には102ドーナッツというお店が、

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175439j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175558j:plain

これは豆腐と豆乳を使ったヘルシーなドーナッツみたいです。

遅い時間に行ったため、半額のセールをやっていました。

 

ドーナッツを買ってうろうろしていると、ドトールの店舗が入っているのを見つけました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175726j:plain

なんかおしゃれなドトールですね。

ドトールコーヒーハウスは通常のドトールとは異なる店舗らしく、少し洒落た感じを醸しだしています。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175857j:plain

テラス席があり、ここで一服。

夕暮れの日差しがいい感じに差し込んできて、とても八王子とは思えない雰囲気です。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522180005j:plain

吉祥寺か下北沢かと一見思ってしまう感じですよね。

しかし、ここは八王子。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522180108j:plain

帰りにハードオフ、オリジナルのピックを買いました。

おしゃれ。

 

台湾料理 「祥瑞」

 

こんにちは。

今回は玉川上水近くの台湾料理屋「祥瑞」を勝手にご紹介します。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170520022514j:plain

 

この軽トラックが停まっている感じがいいですよね。

そして「絶対セブンイレブンの居抜き物件じゃん」と思ってしまうお店の出で立ちもグッときます。

台湾料理「祥瑞」があるのは立川市砂川町。

最寄りは西武新宿線玉川上水駅か、多摩都市モノレール砂川七番駅

f:id:kobayashi_rourourourous:20170520022715p:plain

と言っても、歩いたら20分以上かかるので、車かバスじゃないと行くのは大変だと思います。

我々国立音大生からしたら、大学から自転車で5分くらいなので、割と近い場所にあるように感じます。

 

周りには何もないです。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170520022520j:plain

びっくりするくらい何もないです。

 

しかし、車を運転してまでも行きたくなるこの店の魅力はなんと言ってもボリューム。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170520022532j:plain

台湾ラーメンと中華丼のセット、それも両方一人前の量で出てきます。

なんとランチタイムはこのボリュームで680円。

いつも食べきれないので、中華丼は少なめにお願いしましたが、それでもこのボリューム。学生には嬉しい限りです。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170520022544j:plain

中華料理とは味付けが違って、オイスターソースがかなりいい味出してます。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170520022550j:plain台湾ラーメンはなんとも言えないスパイシーな感じ。

個人的にはかなり好きな味付けです。

 

 

書いててまた食べに行きたくなりました。

2017/5/18 リハーサル

今日は久しぶりのリハーサルでした。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170518000320j:plain

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170518000331j:plain

 

新曲を中心に4時間みっちりと練習しました。

最近ライブがないので、動いているように見えないかもしれませんが、着々と準備は整ってますよ。

 

久しぶりの...

ご無沙汰しております。

 

前回の更新から約3ヶ月、すっかり更新が止まってしまっていました。

この期間、何をやっていたかと言いますと、

ルルルルズのPVを撮っていました。

色々写真があるのですが、それはPV公開後に説明したいと思います。

 

今回は飛行機で移動したのですが、格安航空の安さと快適さに一同驚きました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170515185456j:plain

 

食べ物も安くて美味しいものが多かったです。

特にしまホッケは感動する美味しさでしたよ。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170515185502j:plain

 

狸小路にはいい感じのレコード屋が。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170515185515j:plain

 

女性陣はアイスクリームを食べて満足そうでした。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170515185458j:plain

 

この続きはまたPV公開後に。

 

 

ルルルルズ×松崎ナオ ツーマンライブ終了!

業務日誌の更新です。

ホットなうちに更新を、と思っていましたが、だいぶ遅くなってしまいました。

ライブで業務日誌見てください、などと声高らかにお伝えした割に、滞ってしまいました、

 

先日2月25日に7thFLOORで、ルルルルズと松崎ナオさんとのツーマンライブが行われました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170202012348j:plain

(フライヤー作成はTokyo Media Interaction)

 

当日はたくさんのお客さんにいらしていただき、満員御礼となりました。

ありがとうございます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170301164706j:plain

 

まずは当日のセットリストのフィードバックです。

1、いまここで歌おう

2、沙上のメモリアル(新曲)

3、Night Owl(新曲)

4、スカイライン

5、いつものあなたで(新曲)

6、All Things Must Pass

7、街はたそがれ2017

8、(Something Of Life) Place to Be(新曲)

以上の構成でお送りいたしました。

 

なんと4曲も新曲を披露してしまったのですね。

やはり奥野さんの作る曲はどれも素晴らしいな、と演奏していて思います。

新曲に関しては、いろいろ書きたいこともあるのですが、そこはアルバムの発売後に書いていこうと思います。

 

〈街はたそがれ〉の2017年バージョンは、奥野さんのアレンジによって、なんともポップな、今まで以上にバージョンアップした曲になりました。

〈All Things Must Pass〉も、エレピ、シンセ、ピアノと鍵盤をメインにした奥行きのあるサウンドになっていたかと思います。

今後もライブによってアレンジが変わっていくことがあると思うので、その都度アンサンブルも楽しみです。

 

そして本日、AppleMusicでルルルルズの1stアルバムの配信がスタートしました。

〈街はたそがれ〉〈All Things Must Pass〉は1stに収録されておりますので、ぜひ聴いてみてください。

 

次回のライブは5月を想定しております。

現在調整中ですので、近々ご報告が出来ればと思います。