ルルルルズ コバヤシの業務日誌

東京のインディーバンド「ルルルルズ」のマネジャーとしての業務を行い、実はバンドメンバーとしてギターも演奏するコバヤシのブログである。

八王子ハードオフ

学部時代に行っていた就活の履歴書に趣味はハードオフ巡りと書いたところ、某レコード会社の面接でハードオフ談義に花が咲いた記憶があります。

 

ミュージシャンの味方ハードオフ

その最大級の店舗が、八王子にあります。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522173730p:plain

国道20号(甲州街道)と国道16号(東京環状)が交差するところにそれはあります。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174019j:plain

ハードオフを筆頭に、ブックオフ、おもちゃやカードゲームを扱うホビーオフ、衣類品を扱うオフハウスやモードオフ、お酒を扱うリカーオフなどの6店舗がひしめき合うエコタウンがそこにはあります。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174202j:plain

車で行くことが前提らしく、駐車場はとても広いです。

立体駐車場もあります。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174319j:plain

一つの街みたいです。団地の中にこういったのありますよね。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174524j:plain

一見デパートなんじゃないかと思うような案内板。売り場が分かれてます。

ハードオフは2番館にあるようです。

 

店内の写真は撮ることを控えましたが、1階にはスロット台の筐体からソファーまで、様々な商品が売っていました。

一列レコードとCDを売っているコーナーがありましたが、1日中見ても見切れないほどのボリュームでした。

 

2階はハードオフ最大級の売り場面積を誇る楽器スタジオがあります。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522174655j:plain

ここはぜひ一度行ってみて欲しいのですが、都内の楽器屋よりも楽器の量があるんじゃないかと思うほどの数です。

アリアやグレコ、フェルナンデスなどのジャパンビンテージから、ギブソンフェンダーのビンテージまで、品揃えはとても豊富でどれも一点物。

こないだ見に行っただけでも、グレコのSE800やトーカイのゴールドサウンドなど、お宝が沢山ありました。

 

そして、店舗をつなぐ一階の廊下には102ドーナッツというお店が、

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175439j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175558j:plain

これは豆腐と豆乳を使ったヘルシーなドーナッツみたいです。

遅い時間に行ったため、半額のセールをやっていました。

 

ドーナッツを買ってうろうろしていると、ドトールの店舗が入っているのを見つけました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175726j:plain

なんかおしゃれなドトールですね。

ドトールコーヒーハウスは通常のドトールとは異なる店舗らしく、少し洒落た感じを醸しだしています。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522175857j:plain

テラス席があり、ここで一服。

夕暮れの日差しがいい感じに差し込んできて、とても八王子とは思えない雰囲気です。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522180005j:plain

吉祥寺か下北沢かと一見思ってしまう感じですよね。

しかし、ここは八王子。

 

f:id:kobayashi_rourourourous:20170522180108j:plain

帰りにハードオフ、オリジナルのピックを買いました。

おしゃれ。