ルルルルズ コバヤシの業務日誌

東京のインディーバンド「ルルルルズ」のマネジャーとしての業務を行い、実はバンドメンバーとしてギターも演奏するコバヤシのブログである。

レコーディング 2016/11/13

ルルルルズのレコーディングでした。

 

この日は主にミックスの作業に時間を使いました。

昨日の作業が遅くまでかかったこともあり、集合は11時。

モミは朝食代わりのドーナツをパクリ。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093004j:plain

 

腹ごしらえが終わったところで、早速ミックスへ。

2ndアルバムでは、今までブログで紹介しているように、多くの楽器を録ってきました。

フルート、サックス、スティールパン、パーカッション...

これほどアコースティックにこだわり、生楽器を録っているバンドはこのご時世珍しいのではと思うほどです。

 

順調に仕上がっていく楽曲。

あっという間に夕食の時間になってしまいました。

 

いつもだいたい20時前後になると、スタジオ近くのレストランに夕食を食べに行くのですが、みんな外食に飽きてきた模様。

それなら、とコバヤシが食事を作ることになりました。

 

ここから先は料理ブログになることをお許しください。

 

今回作ったのは3品。

「ネギときのこのペペロンチーノ」

「鶏胸肉のトマト煮」

「クラムチャウダー

加えて、出来合いのマルゲリータピザです。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093721j:plain

 

材料は以下の通りです。

「ネギときのこのペペロンチーノ」

  ・乾燥パスタ:300g

  ・たまねぎ:1/2個

  ・ぶなしめじ:1/2個

  ・長ネギ:1本

  ・加工済みマッシュルーム:1缶

  ・ペペロンチーノの素:2人前

「鶏胸肉のトマト煮」

  ・鶏胸肉:400g

  ・たまねぎ:1/2個

  ・ぶなしめじ:1/2個

  ・かぶ:1個

  ・カットトマト:1缶(400g)

「クラムチャウダー

  ・キャンベルスープ、クラムチャウダー:1缶

  ・牛乳:300cc

 

まずは材料を切ります。

玉ねぎは半分にしてから薄く切ります。ぶなしめじは石づきを取って半分に分けておきます。

かぶは葉の部分を切り落とし、半月状に薄く切ります。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117095743j:plain

 

鶏胸肉は火が通りやすいようにフォークで刺しておきます。

同時に、塩を適量ふりかけ、すり込んでおきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117095847j:plain

 

材料が切りそろったところで、大きめのフライパンに、オリーブオイル大さじ2杯。

玉ねぎ、ぶなしめじ、かぶを入れて中火で5分炒めます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100433j:plain

 

火が通ってきたところで、ペペロンチーノに使うように半分を別皿に移し替えます。

こうすることで、炒める際の時短につながります。

 

その後、半分に切った鶏胸肉を入れて、表面に少し火を入れます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100533j:plain

 

片面5分、計10分焼いたところで、カットトマトを入れたのち、塩を大さじ1と1/2加え、弱火でおよそ30分程度煮込んでいきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100402j:plain

 

煮込んでいる傍ら、パスタを茹でます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100809j:plain

 

長ネギは縦に包丁を入れていき、千切りにしていきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101000j:plain

 

先ほど残しておいた玉ねぎとぶなしめじを長ネギと一緒に炒めていきます。

オリーブオイルを吸っているので、油を再び敷く必要はありません。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101157j:plain

 

パスタが茹で上がったら水気を切って、固まらないようにオリーブオイルを適量かけて、混ぜておきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101408j:plain

 

最後に、パスタと野菜類を一緒に炒めて、ペペロンチーノの素を入れたら完成です。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101505j:plain

 

そのうちに、トマト煮も完成します。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101736j:plain

 

クラムチャウダー、ピザは、注意書きを見ながら適当にやってくだい。

 

これで4人分の完成です。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101836j:plain

 

トマト煮は手頃にできるので、ぜひ試してみてください。

味が染み込むので、塩のみで十分美味しくなります。

 

そんなこんなで、夕食をみんなで食べ、食後のコーヒーを飲んだところで、ゆっくりしてしまいました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093055j:plain

動くのがだるくなったモミ。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093120j:plain

ドーナツを持ってくるよう指示されました。

 

レコーディングは続きます。