ルルルルズ コバヤシの業務日誌

東京のインディーバンド「ルルルルズ」のマネジャーとしての業務を行い、実はバンドメンバーとしてギターも演奏するコバヤシのブログである。

2016/12/14リハーサル 18レコーディング

最近アクセス数が伸びているので、言動には注意しないといけないなと日々考えているコバヤシです。

 

さて、14日は今後のライブに向けてのリハーサルでした。

これからのライブは、我々が今までやってきた曲に加えて、新しい曲をやっていこうと意気込んでいます。

その第一段階として、スタジオでセッションを行うという作業のためのリハーサルです。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161221031052j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20161221031057j:plain

普段あまり登場しない二人。

この日は順調に進み、何曲か新しい曲を詰めることができました。

 

そして、18日のレコーディング。

9月から続いておりますが、楽器の録りはこの日を持って終了となりました。

最後に残ったのは、エレキギター

f:id:kobayashi_rourourourous:20161221031418j:plain

この日は、友人から半永久的に貸与された(貰った)レスポールを使ってみました。

やっぱり、それなりの太い音はしていて、マーシャルのアンプとも抜群に相性がいい、と思ったのですが、意外や意外、SGのほうが理想としていた音に限りなく近いということが判明して、選手交代。

結局SGで録ることになりました。

 

とてもいい音で録れています。

レコーディングはこれで終わりですが、続いてミックスの作業に突入しました。

 

順調に進んでおります。

レコーディング 2016/12/13

ルルルルズのレコーディングでした。

 

いよいよレコーディングも大詰め。

サポートミュージシャンの方々のレコーディングはこれで終わりになりそうです。

 

今回お願いしたのは、国立音楽大学トロンボーン科卒の高井天音さんです。

コバヤシの2年先輩にあたる方で、第42回の山野ビッグバンドジャズコンテストにおいて優秀ソリスト賞を受賞された、素晴らしい演奏家です。

在学中は仲良くしていただいておりましたが、お会いするのは久しぶりでした。

実は奥野さん、モミとは同学年で、親交もあることから、レコーディングはとても円滑に進みました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161217011243j:plain

 

演奏を比較しながら、テイクを選別中。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161217011758j:plain

そしてトロンボーンの録りは、わずか1時間程度で終了しました。

 

続いてオルガンのレコーディング。

私、コバヤシがオルガンをプレイしました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161218001945j:plain

 初っぱな、思うように弾けなくて苦悩する様子。 Photo By モミ

 

新しく購入したHAMMOND SK1というオルガンに特化したステージキーボードを使用しました。

ドローバーやパーカッションボタン、レスリーのスイッチなど、かなりリアルな操作性で、とても扱いやすい鍵盤です。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161218002119j:plain

上着を脱いで、気合を入れて弾きました。ここだけなぜか根性論。

 

奥野さんもオルガンとローズをプレイ。

オルガン以外にも、ローズやウーリッツァー、フルートなど結構いい音が入っています。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161218002222j:plain

いい感じにこの日の録りは終わりました。

高井さん、ありがとうございました。

 

オフショット

f:id:kobayashi_rourourourous:20161218002014j:plain

 

レコーディングは続きます。

ウルフルズ トリビュートアルバム!

ご無沙汰しております。

長らく更新が滞っておりました。

 

本日、情報が解禁になりました。

来年2月22日に、ウルフルズのトリビュートアルバムが発売されます。

その名も『Best of Girl Friends

wmg.jp

 

そして、そのアルバムになんとルルルルズが参加しております。

その他の参加アーティストは、皆さん一線級で活躍されている方々ばかりで、同じアルバムに名前が連なることは嬉しい限りです。

我々は『大丈夫』という楽曲をカバーいたしました。

アレンジや演奏、レコーディングからミックスまで、渾身の一曲になっていることは間違いありません。

ぜひ世に出た暁には一聴してみてください。

 

ここ1ヶ月は色々な出来事があり、ブログを更新する時間がないほど充実しておりました。

書き溜めておりますので、お楽しみに!

 

 

 

レコーディング 2016/11/13

ルルルルズのレコーディングでした。

 

この日は主にミックスの作業に時間を使いました。

昨日の作業が遅くまでかかったこともあり、集合は11時。

モミは朝食代わりのドーナツをパクリ。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093004j:plain

 

腹ごしらえが終わったところで、早速ミックスへ。

2ndアルバムでは、今までブログで紹介しているように、多くの楽器を録ってきました。

フルート、サックス、スティールパン、パーカッション...

これほどアコースティックにこだわり、生楽器を録っているバンドはこのご時世珍しいのではと思うほどです。

 

順調に仕上がっていく楽曲。

あっという間に夕食の時間になってしまいました。

 

いつもだいたい20時前後になると、スタジオ近くのレストランに夕食を食べに行くのですが、みんな外食に飽きてきた模様。

それなら、とコバヤシが食事を作ることになりました。

 

ここから先は料理ブログになることをお許しください。

 

今回作ったのは3品。

「ネギときのこのペペロンチーノ」

「鶏胸肉のトマト煮」

「クラムチャウダー

加えて、出来合いのマルゲリータピザです。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093721j:plain

 

材料は以下の通りです。

「ネギときのこのペペロンチーノ」

  ・乾燥パスタ:300g

  ・たまねぎ:1/2個

  ・ぶなしめじ:1/2個

  ・長ネギ:1本

  ・加工済みマッシュルーム:1缶

  ・ペペロンチーノの素:2人前

「鶏胸肉のトマト煮」

  ・鶏胸肉:400g

  ・たまねぎ:1/2個

  ・ぶなしめじ:1/2個

  ・かぶ:1個

  ・カットトマト:1缶(400g)

「クラムチャウダー

  ・キャンベルスープ、クラムチャウダー:1缶

  ・牛乳:300cc

 

まずは材料を切ります。

玉ねぎは半分にしてから薄く切ります。ぶなしめじは石づきを取って半分に分けておきます。

かぶは葉の部分を切り落とし、半月状に薄く切ります。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117095743j:plain

 

鶏胸肉は火が通りやすいようにフォークで刺しておきます。

同時に、塩を適量ふりかけ、すり込んでおきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117095847j:plain

 

材料が切りそろったところで、大きめのフライパンに、オリーブオイル大さじ2杯。

玉ねぎ、ぶなしめじ、かぶを入れて中火で5分炒めます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100433j:plain

 

火が通ってきたところで、ペペロンチーノに使うように半分を別皿に移し替えます。

こうすることで、炒める際の時短につながります。

 

その後、半分に切った鶏胸肉を入れて、表面に少し火を入れます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100533j:plain

 

片面5分、計10分焼いたところで、カットトマトを入れたのち、塩を大さじ1と1/2加え、弱火でおよそ30分程度煮込んでいきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100402j:plain

 

煮込んでいる傍ら、パスタを茹でます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117100809j:plain

 

長ネギは縦に包丁を入れていき、千切りにしていきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101000j:plain

 

先ほど残しておいた玉ねぎとぶなしめじを長ネギと一緒に炒めていきます。

オリーブオイルを吸っているので、油を再び敷く必要はありません。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101157j:plain

 

パスタが茹で上がったら水気を切って、固まらないようにオリーブオイルを適量かけて、混ぜておきます。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101408j:plain

 

最後に、パスタと野菜類を一緒に炒めて、ペペロンチーノの素を入れたら完成です。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101505j:plain

 

そのうちに、トマト煮も完成します。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101736j:plain

 

クラムチャウダー、ピザは、注意書きを見ながら適当にやってくだい。

 

これで4人分の完成です。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117101836j:plain

 

トマト煮は手頃にできるので、ぜひ試してみてください。

味が染み込むので、塩のみで十分美味しくなります。

 

そんなこんなで、夕食をみんなで食べ、食後のコーヒーを飲んだところで、ゆっくりしてしまいました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093055j:plain

動くのがだるくなったモミ。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161117093120j:plain

ドーナツを持ってくるよう指示されました。

 

レコーディングは続きます。

レコーディング 2016/11/12

ルルルルズのレコーディングでした。

 

この日は今まで録ってきた楽曲のミックス作業に加えて、新たにサックスを録りました。

今回お願いしたのは、国立音楽大学のサックス科卒の石田愼さんです。

 

石田さんは、国立音大の学部時代に第23回日本クラシック音楽コンクールにおいて、1位・3位なしの4位に入賞をしている方です。

クラシックはもちろん、国立音大のビッグバンド「Newtide Jazz Orchestra」でバンドマスターを務め、ジャズもバリバリ演奏する方です。

実はコバヤシは Newtide Jazz Orchestra のライブにPAとして何度か立ち会ったことがあり、学年も彼が1年後輩ということで、在学中からずいぶん仲良くしてもらっていました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161114222858j:plain

Shiggy Jr.のサポートで共演したことがあるようで、モミと奥野さんとも顔見知りでした。

 

レコーディング自体は1曲でしたので、すんなり終わりました。

さすがの巧さです。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161116113318j:plain

録った音源を確認中。

 

奥野さんは石田くん到着までの間、1時間くらいで楽譜を仕上げていました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161116113537j:plain

 

ミックス作業中、真剣な表情のモミ。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161116114006j:plain

 

そしてレコーディングはあっという間に終わり、みんなでご飯へ。

エンジニアの中村さん一押しの中華料理屋へ向かいました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161116113753j:plain

 

順調に進んでいまで。

いよいよアルバムの形が見えてきました。

 

レコーディングは続きます。

法政大学学園祭ライブ 2016/11/5

こんにちは、コバヤシです。

最近は急激に寒くなってきまして、周りでも体調を崩す人が続出しております。

皆さんも体調にはお気をつけください。

 

さて、11月5日に法政大学の学園祭にルルルルズを呼んでいただき、ライブをしてきました。

正確に申し上げますと、法政大学にライブ企画を行う「企画集団法政JoY」というサークルがございまして、そちらで行う企画に呼んでいただきました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106184509j:plain

 

会場は建設されたばかりの新校舎の中にある学生ホール。

とても立派で綺麗なステージとなっていました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106184754j:plain

 

リハーサルの様子。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106184905j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106184911j:plain

実はこの日が、シン君と行う初めてのライブ。

メンバー皆、楽しみにしていました。

 

モミは歌詞と譜割の最終チェック。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106185155j:plain

 

リハ後はしばらく時間があったので、学園祭をうろうろ。

活気があって、"大学"といった感じでした。

コバヤシも3,4日と在学中である国立音大の学園祭で展示団体を出店していましたが、やはり音大とは違うなという印象を持ちました。

(シン君とコバヤシが紛れています)

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106192519j:plain

 

遅めのお昼はケータリングでいただいたおにぎりと模擬店で購入した、たこ焼き、お好み焼き、うどん。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106192903j:plain

 

食後は新しく一眼を買ったシン君とカメラをいじっていました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106193345j:plain

 

そしていよいよ本番。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106193153j:plain

 

今回のライブは今までで1番と言えるくらいの出来の良さでした。

毎度完成度が上昇している感じがあります。

次回のライブにつながる良い出来でした。

 

そして、今回のライブのトリは宮内優里さん。

モミは宮内さんと面識があるようで、快く写真を撮っていただきました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161106194205j:plain

宮内さんありがとうございました。

 

そして、今回のライブにあたって、綿密な打ち合わせをしていただき、メールも40往復を超えるほど丁寧に対応していただいた法政JoYの尾崎さん、ありがとうございました。

 

ルルルルズ、いい感じです。

リハーサル 2016/10/22 MARZライブ 10/26

10月26日のライブに向けて、22日はリハーサルをしました

 

今回はドラムのシン君が急遽ライブに出演できなくなってしまい、ピンチヒッターとして、伊吹文裕さんにお願いしました。

 

伊吹さんは、洗足学園音楽大学ジャズコースドラム科を卒業しており、ベースの石垣さんの先輩にあたる方です。

11年にはリットーミュージック主催の「最強プレイヤーズコンテスト」でグランプリ(優勝)を獲得しており、名実ともに素晴らしい方です。

様々なアーティストのライブ/レコーディング、梶原順和田アキラ伊藤広規大高清美、Alex Sipiaginなど国内外のミュージシャンのセッションライブ/ツアーに参加しており、SUMMER SONICCOUNTDOWN JAPAN等のイベントにも出演されています。

自身がリーダーのエモーショナル・コンテンポラリー・ロックバンド「O.P.P.A.I.」や日本語ルーツミュージックバンド「ザ・メガネ・ブラザーズ」、「廣瀬真理子とPurple Haze」様々なバンド・グループでも活動中です。

 

実はライブ1週間前に、シン君の予定が立たなくなってしまい、伊吹さんにお願いしたのは6日前。

そしてリハに入ったのは4日前の2時間だけ。

それなのにリハではもう既にバッチリな感じで叩いてくださりました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161030085207j:plain

 

そして、26日はMARZでライブ。

 New Action!という長年続いているイベントに出させてもらいました。

 

ライブの様子はこんな感じ。

写真はNew Action!専属のカメラマン、石崎祥子さんに撮っていただきました。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161030214419j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20161030214541j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20161030214454j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20161030214551j:plain

f:id:kobayashi_rourourourous:20161030214602j:plain

石崎さん、ありがとうございました。 

 

そして、なんと楽屋には今話題のロックバンド「BRADIO」の皆さんが遊びに来てくださいました。

モミと奥野さんがお世話になっています。

 

「BRADIO」は「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された4人組ロックバンドです。

「日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を。"Break the Rule And Do Image On"」という意味がバンド名に込められています。

素晴らしいサウンドを奏でるバンドですので、皆さんも是非聴いてみてください。

f:id:kobayashi_rourourourous:20161030085535j:plain

勢揃いの1枚。

皆さんとてもいい表情です。

 

BRADIOの皆さん、お忙しい中ありがとうございました。

 

次のライブは11月5日の法政大学学園祭のステージ。

がんばります。